読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニカの備忘録

バツイチアラサー男の心にふれたアレやコレや

感動の「音楽系」映画!オススメの厳選ベスト3!

映画

こんにちは。ナニカです。

今年ももうすぐ終わりですね。寒くなってきました。

お正月休みはお家でゆっくり過ごすタイプの人は、映画をまとめて借りたりする人も多いんじゃないでしょうか?

 

ということで、冬の寒い日に心温まる感動のオススメ「音楽系」映画を紹介したいと思います。

厳選って書いてるけどね、ただこの他にはあまり思い浮かばなかっただけなの。

他にもいろいろ見てるとは思うんだけど・・・

そこはほら、あれです。察してください(笑)

 

ただ、このベスト3は本当に僕の中での音楽系映画のベスト3です。

 

ベタなストーリー+音楽=オモロイ

 

という方程式はこの3つ全てに当てはまる。

使われてる音楽やジャンルは全部違うけど、どれも心温まるような元気になる作品ですよ!

 

それではランキングにまいりましょう!

 

3位 スクール・オブ・ロック

 

この映画めっちゃ好き。この主演のジャック・ブラックがまたはまり役でオモロイんです。

ストーリーを簡単に説明すると、ジャック・ブラック演じるロック命のダメ男デューイがひょんなことから名門学院の臨時教師になってしまいます。

そこで真面目に教師をやる気はさらさらなかったデューイですが、子どもたちに音楽の才能があることを発見して子どもたちにロックを教えていって・・・

という感じで進んでいきます。

 

まー、展開はどストレートなので先はすぐ読めるんですけどね、読めるとか読めないとかそんなの関係ねーお話であります。

笑いあり、感動ありの映画です。

ロック好きな人はもちろんですが、あんまり知らない人でも聞いたことある曲もあると思うし知らなくても楽しめると思います!

 

2位 奇跡のシンフォニー

これね。これも好きなんですー。超ベタな展開で話は進んでいくんですがねー。

でもね。ラストは分かってても感動しちゃうんですよ!

 

ストーリーはね、孤児院で暮らすエヴァンが両親を探すために孤児院を抜け出してマンハッタンにたどり着きます。そこでいろんな出会いがあり、ものすごい音楽の才能を開花させていき・・・。

お母さんと、お父さん。なぜ離れ離れになってしまったのかなどは、ネタバレないしで観ていただいたほうが絶対楽しめると思います。

 

この映画は観終わったあと心温まります。感動します。家族の絆っす。

 

余談ですがWikipedia情報では、主演で子役のフレディ・ハイモアですがこの映画のために6ヶ月間特訓してギターが弾けるようになったとあります。ってか6ヶ月でこんな弾けるの?!

もちろん全てではないでしょうけど。凄いです。

 

1位 オーケストラ!

正直1位と2位は迷ったんですけどね。今の気分でオーケストラ!が1位ですw

これフランス映画なんですけどね、すごいテンポも良くて面白いんです!

もちろん超ベタな展開です。(ただちょっとおっ!ってなるところはあります)

 

ストーリーは、30年前に「ボリショイ交響楽団」を追われた天才指揮者のアンドレイ。「ボリショイ交響楽団」がパリの劇場に招待されたという情報を得て、昔の団員たちを集めてなりすまそうと計画を立てる・・・

ってな感じで話は進んでいきます。

 

この映画の中のメインの曲はチャイコフスキーバイオリン協奏曲。

僕はこの映画でチャイコフスキーバイオリン協奏曲にハマって、一時はいろんなバイオリニストでこの曲を通勤中ずっと聞いてました(笑)

人によって全く違う印象になるのですごく面白いんですね。

そしていつかバイオリンを作りたいという夢も出来ましたw

 

そんな思い入れのある映画であります。

この映画も最後は感動と爽快感がハンパないですよ!

 

おわりに

感動の「音楽系」映画ベスト3はどうでしたでしょうか?

どれもこれも観終わったあとはすごくいい気分になります。前向きに明るくなりたいときなんかに是非観ていただけたらなと思います。

 

 

以上!